ホーム お問い合わせ サイトマップ
企業情報 事業案内
採用情報 広報情報
PR
361°とは
キャラクター紹介
361°事業コンセプト

第5回 この会社で働きたい!と思わせる採用活動とは?

 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  • 報道関係者各位
  • 平成27年1月5日
  • 株式会社 ESSPRIDE
意欲ある社員は「人事担当者のファン」!?
就活で企業の第一印象に影響すること1位「人事担当者の対応」
新卒採用を受けた男性の25.0%が「人事担当者のFacebook」を見ていた!
面接時に「もしかしてブラック?」と感じたことがある 41.8%
離職率の高さが「ブラック企業」のイメージに。

オリジナルのお菓子の活用を軸に、企業の組織改革やトータルブランディングを手掛ける
株式会社ESSPRIDE(本社:東京都渋谷区、代表取締役グループCEO :西川世一)は、企業のトータルブランディングの必要性を改めて考えるべく、ブランディングに必要なマーケティング情報の収集から人と企業の新たな可能性を探求することを目的として、ブランディングに関する調査活動を行なっております。

第5回『この会社で働きたい!と思わせる採用活動とは?』

調査背景

2015年の新卒採用活動も一段落。新卒採用をした企業では今年度の採用活動の反省を踏まえ、来年度の計画などを立てる時期ではないでしょうか。新卒・中途に関わらず、会社と目的を共有して働き、一緒に成長できる人材を採用することは、企業活動において重要なポイントのひとつであることは間違いありません。では、どうすれば企業が求める「いい人材」に来てもらうことができるのでしょうか?今回は「この会社で働きたい!と思わせる採用活動とは?」をテーマに、18~39歳の3年以内に新卒採用または中途採用で就職活動をした方を対象に調査を行ないました。

調査方法

1.調査の方法:インターネット調査(株式会社FULA調べ)
2.調査対象者:全国の18~39歳の有職者で、3年以内に、新卒採用採用試験を受けた男女各100名、中途採用試験を受けた男女各100名の計400名
3.調査実施日:2015年10月23日(金)~2015年10月26日(月)

<トピックス>

■企業選びで重視したこと「仕事内容」「事業内容」「給与・待遇が良い」。
  男性は「企業の将来性」を重視する傾向。
■現在の職場を選んだ決め手は「働きやすそうだと感じたこと」。
■面接時に企業の第一印象に影響するのは「人事担当者の対応」「面接官の対応」
■面接で記憶に残るのは「人事担当者の対応が良かった」「面接した部屋の風景」
■採用イベント・合同説明会では「先輩社員の見た目・服装」が良くも悪くも印象に残る!
■採用サイトには「勤務中の様子がわかる写真・動画」を載せて欲しい!
■新卒採用を受けた男性の4人に1人が「人事担当者のFacebookを見た」と回答。
■選考中に「ブラック企業かもしれないと感じたことがある」41.8%!
  離職率の高さと長時間労働への不安が「ブラック企業?」のイメージに。

調査結果

■Q1.あなたが就職活動をした際、応募する企業選びで重視したことをお答えください。(複数回答 n=400)

応募する企業選びで重視したことは回答の多い順に「仕事内容」76.3%、「事業内容」60.3%、「給与・待遇が良い」51.5%となりました。新卒採用を受けた方と中途採用を受けた方で比較をすると、新卒は「企業理念」の回答割合が中途に比べて多く、中途は「給与・待遇が良い」「休日・休暇が多い」が新卒よりも多くなりました。また「企業の将来性」は女性に比べて男性の方がより重視する傾向があることがわかりました。

■Q2.あなたが現在お勤めの職場で働くことを決めた際の、決め手となったことをお答えください。(単数回答 n=400)

現在の職場に就職した決め手は「働きやすそうだと感じたこと」31.8%が最も多くなりました。次いで「勤務地が近いこと/希望に合うこと」19.8%となり、特に中途採用を受けた男女では4人に1人の割合で回答しています。「自分が成長できそうだと感じたこと」は、新卒男性・中途男性で回答割合が高くなっており、男性の場合は自分自身が成長できる仕事や職場であるかどうかも働く企業を選ぶ際の決め手となることがうかがえます。

■Q3.あなたが面接を受けに行った際に、その企業の第一印象に影響すると思うことをお答えください。(複数回答 n=400)

面接を受けに行った際に企業の第一印象に影響すると思うことをお聞きすると、全体で最も回答割合が多かったのは「人事担当者の対応」54.0%、次いで「面接官の対応」51.3%となり、面接の際に会う担当者の対応が、その企業の第一印象に関わることが明らかになりました。さらに「人事担当者の対応」は中途採用の女性で73.0%にのぼり、「面接官の対応」は新卒よりも中途採用の男女が多く回答しており、一度企業を経験し中途採用を受ける方は「人」の対応が会社の印象を左右すると考えているようです。

■Q4.あなたが、今までに面接を受けた会社について、記憶に残っていることをお答えください(複数回答 n=400)

今までに面接を受けた会社について記憶に残っていることの1位は「人事担当者の対応が良かった」42.8%となりました。「人事担当者の対応が悪かった」は4位となっており、人事担当者の対応については良く対応してくれたことの方が、悪い対応よりも記憶に残りやすいようです。全体2位は「面接した部屋の風景」25.5%で、特に中途採用の女性が多く回答する結果となりました。新卒の男性は「企業理念」28.0%、「経営者の想い」25.0%の回答割合が他の層よりも多くなっており、面接を受けた会社のビジョンや経営者のメッセージを強く記憶している方が多いようです。

■Q5.あなたは就職活動時、企業に関する情報をどのようにして収集しましたか?(複数回答 n=400)

就職活動時の情報収集の方法は、全体では「就職活動サイト」44.5%が最も多くなりました。中途採用の女性では「ハローワーク/職業紹介所」が47.0%で最も回答が多くなり、中途採用の女性はハローワークや職業紹介所を情報収集によく利用しているようです。多数の企業が集まる「採用イベント/合同説明会」は新卒の利用割合が多く、特に新卒の女性は他の層よりも多くの方が情報収集の場として活用していることがわかりました。

■Q6.就職活動時、採用イベントや合同説明会で情報収集したと回答した方にお聞きします。あなたが採用イベントや合同説明会で、その企業に対して良いイメージにつながったことをお答えください。また、採用イベントや合同説明会で、その企業に対して悪いイメージにつながったことをお答えください。(複数回答 n=31)

  • 前問で「採用イベント/合同説明会」で情報収集したと回答した方に、採用イベントや合同説明会で、企業に対しての良いイメージ、悪いイメージにつながったことをお聞きしました。その結果、良いイメージにつながるのは「先輩社員の人柄」67.7%、悪いイメージにつながるのは「先輩社員の見た目・服装」25.8%が最も多くなりました。「先輩社員の見た目・服装」は良いイメージにつながることでも2位(48.4%)となっており、良くも悪くも、イベントや説明会に出る社員の外見や身なりが企業のイメージに影響を与えることが判明しました。
    「その他」では、悪いイメージにつながったこととして、「ブースにいない時(休憩など)会場内を歩いている方が企業名のついた名札や制服のまま就活生の悪口で盛り上がっている光景を見た」(23歳女性/新卒)という回答が挙げられました。一期一会の機会であるイベントでは、企業側も「選ばれている」と考え、常に見られていることを意識して行動したいものです。

■Q7.あなたが企業のイメージを掴むために採用サイトにあってほしいと思う情報をお答えください。(複数回答 n=400)

就職活動中に募集概要を確認するためや、その企業を知るために採用サイトを見る就活者も多いことでしょう。企業のイメージを掴むために採用サイトにあって欲しい情報の1位は「勤務中の様子がわかる写真・動画」51.8%となりました。実際にその企業での仕事をするイメージを知りたい方が多いのでしょうか。特に中途採用の女性の回答割合が高くなっていますが、中途採用の女性は「社内制度・福利厚生の情報」や「社員の男女比や年齢層など」の回答割合も他の層に比べて多くなっており、職場の内部がわかる情報を載せて欲しいと考える方が多いのかもしれません。「その他」では「実際の勤務時間」(30歳男性/中途)、「会社への不満」(33歳男性/中途)などがありました。納得して長く働きたいと思うからこそ、建前でない本当の姿を教えてほしいという方も多いのではないでしょうか。

■Q8.あなたは面接を受ける(受けた)企業の社員のFacebookのプライベートアカウントを見ましたか?(複数回答 n=400)

面接を受ける前や受けた後に、企業の採用向けFacebookページでなく、その企業の社長や社員のプライベートのFacebookページを見たことがあるかをお聞きしました。「見なかった」という回答が多いものの、新卒採用を受けた男性の25.0%が「人事担当者のFacebookを見た」と回答するなど、志望する企業の社員のFacebookを見る人は存在しているようです。

■Q9.あなたは面接や選考の段階で、その企業が「ブラック企業かもしれない」と思った経験はありますか。(単数回答 n=400)

面接や選考の段階で、その企業が「ブラック企業かもしれない」と思った経験があるかお聞きしました。結果は「ある」41.8%、「ない」41.8%と、ブラック企業かもしれないと思う会社に出会った経験のある方とない方がちょうど同じ割合となりました。

■Q10.あなたが面接や選考の段階で、その企業が「ブラック企業かもしれない」と思った理由をお答えください。(複数回答 n=167)

面接や選考を受けた会社が「ブラック企業かもしれない」と思った経験が「ある」と回答した方に、「ブラック企業かもしれない」と思った理由をお聞きしました。最も回答が多かったのは「離職率が高かった」43.7%となりました。平均よりも離職率が高いことから、何らかの問題がある企業なのではと考える方が多いようです。次いで「休日や残業について詳しく教えてもらえなかった」32.3%となりました。長時間労働への不安が「ブラック」なのではという疑念につながるのかもしれません。経団連所属企業の新卒採用開始時期が例年よりも遅くなった2015年は、“オワハラ(内定を出すかわりに他社の就職活動を終わらせるように強要されること)”が話題となっていますが、今回の調査ではいわゆる“オワハラ“によりブラック企業ではないかと感じた経験のある方は5.4%にとどまりました。

■Q11.あなたがエントリーシートや履歴書でこだわったことをお答えください。(複数回答 n=400)

就職活動の際にエントリーシートや履歴書でこだわったことは1位「志望動機」39.0%、2位「自己アピール」37.5%となりました。応募書類に貼付する「写真」は、新卒の方が中途に比べて、こだわった方が多いようです。

■Q12.あなたが就職活動中に面接や選考を受けた企業に関して、印象に残っているエピソードをお答えください。(自由回答 n=400)

・社内の雰囲気が暗かった。(39歳女性/中途)
・待合室が騒然としていて、汚かった。(36歳女性/中途)
・面接中、社長が他の面接官に怒鳴り散らしていた。(30歳男性/中途)
・血液型を聞いてきたり、それで判断するのはいけないことなのにそういう会社なんだと思いました。(37歳女性/中途)
・とにかく働けば働くほど給与がいいという言葉が、とてもきな臭い気がしてやめた。(30歳男性/中途)
・ボーナスがあると面接時に聞いたが実際は物品だった。物であるとは聞いていない。(38歳女性/中途)
・企業の悪い点を伝えられ、その時点で面接受けたくない人は帰って下さいと担当者が言っていた。(28歳女性/新卒)
・面接官の対応がよく、この方の下で働きたいと思った。(23歳女性/新卒)
・面接って怖いイメージがありましたが、とても和やかな雰囲気で話すことができました。上手く話せなくても、面接官の方が汲み取って話しやすいようにしてくださり、この企業で働きたいという意欲につながりました。(21歳女性/新卒)
・前回の選考でなぜ自分が通ったのか、理由を毎回説明してくれた。(29歳女性/新卒)
・最終面接で何を言っても否定されてすごく嫌だったこと。(24歳女性/新卒)
・良い印象に残っている企業は、面接のお礼の手紙に手書きで返事をくださった上、次の面接でも「お手紙嬉しいです」というお礼を言ってくれたこと。悪い印象に残っている企業は圧迫面接を受けた上に面接中に同業他社のことを「他の事業にも手を出してる中途半端な会社」と悪口を言っていたこと。(25歳女性/新卒)

面接や選考を受けた企業に関して印象に残っているエピソードをお聞きしました。中途採用では面接時に社内の雰囲気や様子が気になったという回答が多く、新卒採用では、人事担当者や面接官の対応に感動したことや嫌な思いをした経験の回答が多く挙げられました。新卒採用では、選考時の社員の対応が良いと、この会社で働きたいという意欲が高まる傾向にあるようです。

ESSPRIDEグループからのメッセージ

まりなさん

株式会社FULA 原色広報まりなさんより

企業のみなさん、選ばれる準備できてる?
社員の「人柄」が採用を左右する!

ー目指します!」株式会社FULAの原色広報まりなさんです。
うちの勝手な考えやけれど、社員の個性とその家族を大切にする会社ほどマインドレベルが高い会社だと思っております。
会社の事業内容や社内制度などが魅力なのも重要かもしれんけど、やっぱり人と人との繋がりがあってこそモノやコトが生まれると思うねんな。だから一緒に働いて一緒に成長できる仲間と出会えるかどうか、そして社員を成長させてあげられるかどうかは、企業の人事において重要なポイントのひとつちゃうんかなと思うんや。
優秀な学生が来てくれへん、いい人材が集まれへん、なんて嘆いてる採用担当者さんや人事担当者さんもおるかもしれんけど、今の自社の採用活動を客観的に見て、自分やったら「この会社で働きたい!」とか、お子さんいる人やったら「自分の子供を今の自分の働いてる会社にいれたい!」と思えるかどうか、そんなこと考えてみたことあるかな?採用活動は、企業側が応募者を選考することでもあるけど、応募者に「この会社で働きたい!」と感じてもらえるか、企業が選ばれる場でもあるんや。採用する側が優位に人を選ぶ時代はもう古いちゃうかな。企業も欲しい人材に「見つけてもらい」「選ばれる」準備をしてないとあかんと思うねんな。

今回うちらの調査でわかったのは、応募者から見て企業選びにかなり影響するんは、その企業の人事担当者をはじめとする「人」やということ!面接を受けに行って、その会社の第一印象に影響を与えると思うことの1位は「人事担当者の対応」、2位は「面接官の対応」。面接で会う人の印象が、そのまま会社のイメージになりえるっちゅうことやな。今までに面接を受けた会社で記憶に残っていることの1位は「人事担当者の対応が良かったこと」で、ここでも、選考を受けたいくつもの企業のなかで記憶に残るのは人事担当者に熱心に対応してもらったことやった。人事担当者は採用活動でまさに「会社の顔」「会社の代表」になってることがわかったんや。

いまやビジネスシーンでも使われるFacebookやけど、新卒採用を受けた人の25.0%が「人事担当者のFacebookを見た」と回答してたのはもうやっぱり時代やな。一般社員のページも、全体の12.0%が「見た」と回答してる。ちなみに、うちは気になった人がいたらすぐFacebookで検索するで。採用活動をやってる企業さんの社長や社員は、自分のFacebookの内容にも要注意やでぇ。
採用活動は自社が外からどう見られているかを知る貴重な機会でもあるな。「働きたい、いい会社」だと思われるどころか「ブラック企業」だと思われとったら…!?選考中に「この会社、ブラックかも…」と感じたことがあると回答した方が41.8%もおったんや!どんなところで「ブラック」と感じたかは、「離職率が高かった」「休日や残業について詳しく教えてくれなかった」が「圧迫面接をされた」を上回ってるで。そら、不安になるよなぁ。これから一緒に働くんやから、心配事や認識の違いがないように、お互いによく理解し合った上で採用までいかんとあかんでなぁ。企業側は、内面をそのまま出して嘘のない情報をわかりやすく伝えることで、お互いに相性ピッタリの良い人材に選んでもらえるんとちゃうかな!恋愛や自分の子供に伝えるときの接し方と同じやと思うで。

一応うちも会社勤めなんで宣伝もさせてな。ESSPRIDE Groupの“株式会社もってるクリエイティブ”では、人と組織の魅力を効果的に伝えるサービスを展開るんや。例えば、インターンが作る会社のPRツールや、営業や企業理念の共有にも向いてるワクワクする社内報など、最近は採用シーンで使う企業様が増えてるみたいやで。
なんやそれ?って思った方は、お気軽にまりなさんまでメールを → kouhou@esspride.com

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

FULA リサーチ情報発信元:株式会社FULA
楽しむことが大好きで、いつも面白いことやワクワクすることに
どんどんチャレンジする、好奇心いっぱいのメディア
PR・広報・マーケティング支援の会社です。

会社概要:株式会社ESSPRIDE(エスプライド)
代表取締役グループCEO :西川世一
設立:平成17年4月25日 資本金:7,300万円
事業内容:商品・店舗プロデュースなど総合クリエイティブ事業、中小企業のブランド構築、
コンサルタント業、ライセンス事業、クリエーターに特化した人材育成、人材紹介など
コーポレートサイトURL:http://esspride.com/
本社所在地:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-17-11
TEL:03-3479-3610 / FAX:03-3479-3620

本リリースに関するお問合せ先

株式会社FULA 担当 まりなさん
TEL:03-3479-3610 FAX:03-3479-3620
MAIL:kouhou@esspride.com
フォームからの問い合わせはこちら